ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

みらいさんのハピわく【第10回】

2017年5月15日(月) 曇り(涼しい)

はいタッチ参加者  162名(トータル7779名)

 

ハピわく活動内容:はいタッチ&郵便局内でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

活動時間:15:00~16:30

サポーター:ひろこ ゆきこ

 

14:30 いんくる堂お迎え

    身支度を整えて、電動車いすで郵便局へ

15:00 郵便局到着 郵便局の皆様にご挨拶して、ハピわく活動スタート。

            外に出て活動。

15:30 局内での活動

16:30 郵便局の皆さまにご挨拶とはいタッチして、終了。

 

 ◇◇感想:ゆきこ◇◇

この日郵便局に到着すると、保育園幼稚園の遠足の帰りのタイミングとあたり

小さい子供達やお母さん達がはいタッチしていってくれました。

その後、小学生の子供達とはいタッチ。大学生の男女のグループの方々も

声をかけると快くはいタッチしていってくれました。

みらいさんは、照れながらもずっと笑顔でした。

局内に戻った時、お客様のほうから近づいてきてくれて

「この前もここで会ったね」と、みらいさんに話しかけながら

はいタッチしてくれたお客様がいらしていました。

年配の男性は、はいタッチ後郵便局での用事を済ませて、また再度

「もう一回はいタッチしよう」とみらいさんに声をかけて

はいタッチして帰られてました。

前傾姿勢になりやすかったですが、両手はいタッチしていたり

お客様に話しかけられた時も体を起こし、笑顔で対応していました。

終わり頃、お客さまも少なくなってきたので、

そろそろ帰り支度しようかと声を掛けたら、まだやる!と言い

お母さんが迎えにくるぎりぎりまで活動していました。

その姿に、みらいさんのたのもしさを感じました。

 みらいさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

今回もご協力頂いた皆さま、郵便局の皆さま、ひろこさん、N島さん

ありがとうございました。