ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

なおやくんのハピわく【第11回】

2017年6月15日(木)晴れ☀

★“はいタッチ”参加者は105名(トータル8600名)!! (^o^)

 

🔹🔹ハピわく活動内容🔹🔹

はいタッチ&郵便局内でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

活動時間:14:30〜16:15

メンバー:なおやくん 中2 脳性麻痺による四肢体幹機能障がい

サポーター:ケア・サポートSさん(女性)、ひらり

 

14:25

なおやくん、生活支援センターケア・サポートの送迎車で郵便局へ到着。

14:30

局の皆様へご挨拶して、局内にてハピわく活動スタート。

14:50

小学生の下校が始まり、郵便局の外に出る。
暑い日だったので、郵便局出口の日陰ではいタッチをする。

15:10

小学生の一団が通りすぎ、暑くなってきたので局内へ移動し、
ケア・サポートのSさんが、なおやくんの水分補給をして下さる。

16:50
小学生がチラホラ下校あり、再度外に出てはいタッチ。

16:10
局内に戻り、挨拶し、終了。
ケア・サポートSさんと送迎車でなおやくん帰宅。

 〔記事:ひらり〕

 

 f:id:nakadajudo:20170704190519j:plain

 

《サポーター感想》
〔ひらり〕
久しぶりになおやくんのサポート活動させていただきました。
なおやくんが小さい頃からケアに携わってこられたケア・サポートのSさんが、
いてくれたので、私もなおやくんも安心して活動出来ました。
この日は、暑かったのでSさんが、なおやくんのお母さんから保冷材と水分
補給の水分をお預かりしてきて、慣れた様子で、随時ケアして下さいました。
スタート時から、なおやくんは元気に声が出ていました。
小さな赤ちゃんとはいタッチすると、笑顔になるなおやくんでした。
若いお兄さんとのはいタッチも嬉しそうにみえました。
外での小学生とのはいタッチも、Sさんが「おかえりなさい。」と声を掛けると、
走ってきて、はいタッチしてくれる子がほとんどでした。
なおやくんは、Sさんが話しかけると、安心したような眼差しで、じっとSさんを
見つめていました。Sさんを信頼している様子がよく分かりました。
ケア・サポートのSさんの感想は、「元気にできてよかった。」ということでした。
郵便局の皆さん、ケア・サポートのSさん、ご協力ありがとうございました。