ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

あなんちゃんハピわく【第19回】

2017年5月16日(火) くもり時々爽やかな風

『はいタッチ』参加者93名(トータル7872名)

サポーター:N島、ひらり

 ************************

パピわく活動内容

はいタッチ&郵便局内でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

活動時間:14:30〜15:50

************************

14:30  お父さんの車で送られてきてあなんちゃん郵便局内での活動スタート

   あなんちゃんは、笑顔で笑い声も出て楽しそうでした。

14:55  郵便局の外に出て下校の小学生とはいタッチ。

15:30  あなんちゃん、車椅子から降りたので郵便局のトイレに行く。

トイレを済ませ、再び郵便局内での活動再会。

車椅子から、降りようとし、「石」と言い始める。

あと少し、頑張ろうと声かけをあなんちゃんにし、車椅子に乗って貰い、活動続行。

16:00  郵便局員さんに挨拶し、活動終了。お母さんのお迎えの車で帰る。

************************

f:id:nakadajudo:20170704184610j:plain

f:id:nakadajudo:20170704184649j:plain

 

◎サポーター感想◎

〔ひらり〕

今回は、郵便局内のお客様は、少なめでした。スタート直後、あなんちゃんは、笑顔で笑い声もあり、楽しそうにはいタッチをし、チラシも慣れた様子で手渡してくれました。杖をついて歩行されていたご婦人から、「頑張ってね。」と声をかけて頂きました。

小学生の下校は、今回は人数が少なめでしたが、次々にはいタッチをしていってくれました。

小学生とのはいタッチが終わると、あなんちゃんが車椅子を降りました。もしかしたら、トイレかもしれないと、郵便局内のトイレに行き、無事トイレを済ませることが出来て良かったです。その後も車椅子から、降りようとし、「石。」と言っていました。

N島さんと二人で抱えて、あなんちゃんにもう一度車椅子に乗って貰い、「最後まで頑張ろう。」と声かけして、なんとか無事に時間まで活動出来ました。

車椅子に戻って貰う時は、あなんちゃんと私達サポーターとこん比べになり、あなんちゃんも二人がかりでは、渋々戻るしかなかったかなと思います。

N島さんのあなんちゃんへの深い愛情を感じる出来事でした。とても勉強になりました。

あなんちゃんは、4月から作業所に通っている社会人なので、今回は車椅子から降りたかった所を、頑張って最後まで活動して頂きました。あなんちゃん本当にご苦労様でした。

郵便局の局員さん、はいタッチにご協力頂いた皆様、N島さんお疲れ様でした。

 

〔N島〕

お父さんと車で到着。

『お仕事するよ🎵はいタッチしよ~ね』の掛け声でスイッチが入り、局内へ行きました。

お客様は比較的少なくのんびりしていました。

阿楠ちゃんはとてもご機嫌で時々声を出して笑っていました。途中、トイレも済ませ外へ出て下校中の子供達と沢山のはいタッチが出来ました。

この春に入学の1年生も参加してくれて、この活動が当たり前になってくれたら嬉しいな~と感じました。

お母さんが早めに迎えに見えましたが、最後まで頑張る事が出来て偉かったと思います❗

はいタッチに参加して下さった方、高坂郵便局員さん、いつも快く受け入れて下さり、どうもありがとうございました。🙇