ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

じゅっちゃんのハピわく【第15回】

2016年11月22日(火) 晴れ 

『はいタッチ』参加者116名(トータル6256名)

サポーター:ゆきこ、きょうこ

 

◆◆ハピわく活動内容◆◆

はいタッチ&郵便局でのチラシ配り(職場体験)
活動場所:高坂郵便局
活動時間:14:30〜16:00

 

14:15 お母さんの車で郵便局に到着。
               郵便局の駐車場でチラシ作りをしました。

14:30 郵便局員さんにご挨拶して、ハピわく活動スタート。
              舌根が気になったため、クッションを使用して体制を整えました。

14:40 外に出て小学生と“はいタッチ”

14:50 小学生が途切れたので、再び郵便局内へ。

15:50 再度小学生の下校が始まったので外で小学生と“はいタッチ”

16:05 郵便局員さんにご挨拶&はいタッチして、終了。

16:15 駐車場で水分補給。

 

<記事:きょうこ>

 

f:id:nakadajudo:20161217142030j:plain

 

***サポーターの感想***

 

◇◆◇きょうこ◇◆◇

温かい日だったので、郵便局内で上着を脱いで活動できました。
外に出る時も上着は脱いだまま、膝に掛る程度で大丈夫でした。
スタート時、舌根はあるものの笑顔で元気!じゅっちゃん、やる気満々です!
舌根は、ほとんどスタート時だけで、手足が良く動いていました。
“はいタッチ”の時、じゅっちゃんが自分で手を上げたのには感動しました。
笑顔もたくさん出ていて、後半は声も出てきました。
いつもより大きめの声にうれしくなりました。
強面の男性に声がけした時、最初の反応はちょっと恐い感じでしたけど、じゅっちゃんの顔を見て手に触れた時には、ものすごい優しい笑顔で、帰って行く時は別人のようでした。あの笑顔を引き出せるじゅっちゃんの力って、やっぱりすごいなと思います。

じゅっちゃんの今年最後のハピわくだったので、郵便局長さん、局員さんたちが、名残惜しそうにじゅっちゃんとお話ししながら“はいタッチ”してくださいました。
皆さまのお陰で、今年1年、無事ハピわく活動をすることができました。
今年1年、本当にお世話になり、ありがとうございました。
私自身、このハピわく活動で、じゅっちゃん、みーりんさんを始め、メンバー、サポーターの皆さんと一緒に局員の皆さんやお客様たちと触れ合っていく中で成長することができました。
また来年3月からハピわく活動頑張っていきますので、今後ともよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

 

 ◇◆◇ゆきこ◇◆◇

この日は少し早めに集合して、お母さんとサポーター3人で
チラシの準備をしました。
その後、時間になり郵便局の方にご挨拶をしてスタート。
局内でのチラシ配りの時、この日のジュッちゃんは、手がよく動いていました。
テーブルの上にチラシを置くと、
それを持とうとするように、手を動かしたり、さわる仕草をしたり、
はいタッチするように手を上げてる時もあり、やる気満々に見えました。
外での活動中、スーツ姿と作業着姿の4人の男性が
はいタッチに参加してくれました。そのうちのお二人は
自転車を止めてから、こちらに歩いてきて、はいタッチしてくれました。
皆さん、快く参加してくれて嬉しかったです。
じゅっちゃんは、よく笑っていて、
それを見たお客様の顔もほころんでいました。

じゅっちゃんとのハピわくは、久しぶりでしたが、
成長した姿に逞しさを感じて嬉しくなり、
体の中が、じわーっと温かくなりました。

じゅっちゃん、お疲れ様でした。
ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。