ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

なおやくんのハピわく《第五回》

2015年11月30日(月)晴れ 

はいタッチ”参加者は168 (^o^)

 サポーター:ひらり みつよ 

 

ハピわく活動内容:・はいタッチ ・郵便局でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

 

-*-*-*-*-*-*-

 

14:30

Nくん高坂郵便局へ到着。

車いすに座った状態で降車。  

 

14:35 

高坂郵便局へご挨拶。 局内で「はいタッチ」スタート。 

時々リクライニングで体勢を変える。

 

14:50

外に出て小学生とはいタッチ

 

15:15

局内に戻ってはいタッチ

 

16:00

お母さんお迎え。 郵便局員の皆さんに終了のご挨拶。  

車いすのまま乗車。

パネル・イーゼルを車に乗せる。 

ハピわく活動終了。

 

                    [記事:みつよ]

-*-*-*-*-*-*-

  

                          

 サポーターレポート

〈ひらり〉

今日のなおやくんのハピわくで、今年のハピわく活動も終わりました。

今日なおやくんは、移動支援の職員さんの車で郵便局まで送って貰いました。

職員さんから、なおやくんをお預かりし、郵便局内での“はいタッチ”から始めました。

お客様は、4~5人でしたが、様子を覗いながら声をかけさせていただきました。

皆さん、快く“はいタッチ”をして下さいました。

最初の方は、ちょっとコックリと眠っていましたが、小学生が下校してきたので外に移動して、はいタッチを始めると元気に御目目もぱっちりしてきました。

「何年生?」と質問してくる女の子に「中学1年生」と教えてあげると「へぇ。」となおやくんを見つめていました。

「名前は?」という質問も出て「なおやくんていうの。」と教えましたが、子供たちからこういう質問があるのも、メンバーに興味を持ってくれていると嬉しく思います。なおやくんの笑顔も出ていました。

この一年で子供達も何回も“はいタッチ”に協力して来てくれたせいか、「はいタッチお願いします。」の声かけに、順番に並んで次々と“はいタッチ”していってくれます。

中には、やらない子もいますが、他の子が「やらないの?」とその子に言う場面もありました。

郵便局内で、半年前にご主人を癌で亡くされたというご婦人がずっと、なおやくんの手を握り締めて温めて下さいました。

外で子供達と“はいタッチ”をしてきて、手が冷たかったのですが、ご婦人が頑張っているなおやくんを愛おしむように声をかけながら、ずっと手を握っておりました。

なおやくんは、本当に人の為に働いてくれました。

曇っていて、手が冷たくなってしまい、ホッカイロを準備しとくべきだったと反省です。

こんな良い仕事をしてくれて、なおやくん今日も、ありがとうございました。

お母さんのお迎えで帰ろうとしていた時に、なおやくんの支援を担当している方が駆けつけて下さいました。応援をいただきありがとうございました。

なおやくんの様子を、写真に撮るのをすっかり忘れてしまいました。ごめんなさい。

郵便局の皆さまには、毎回お世話になり、ありがとうございました。

過ぎてしまうと、あっという間の一年でした。

この場をお借りして、会長の小杉さん、役員の皆さん、メンバー全員とお母さん、サポーターの皆さん、“はいタッチ”にご協力いただいた皆様、小学生の子供達、見守って頂いている皆さん、一年間ありがとうございました。

サポーターとして、まだまだ至らない点ばかりですが、来年もメンバーと共にがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

〈みつよ〉

月末の月曜日ということもあり、来客数は多かったです。

なおやくんは笑顔で立派にお仕事をこなしていました。

ほとんどの方が参加してくださったので、おかげさまで今年最後のハピわくを活気ある雰囲気で終了することが出来ました。

 

この活動を始めて今年一年を振り返ると、一年前の自分が別人の様に感じます。(考え方が歪んでたし(まだまだですが・・・)、人付き合いが苦手でつながりを避けていました。)

他人と関わる楽しさを教えていただきました。

本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。