ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

ゆきむくんのハピわく《第1回》

2015年10月13日(火)

“はいタッチ”参加者は46!!(^。^)

サポーター:Sさん(初参加)、ひらり

ハピわく活動内容:はいタッチ・郵便局でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

 

ー*-*-*-*-*ー*-*-*-*-

14:30

ゆきむくん、お母さんと車で郵便局に到着。お母さんが、車椅子にゆきむくんを移動して下さる。郵便局の局員さんに挨拶。同級生のひまりちゃんは局内で、ゆきむくんは外で活動する事にしました。ゆきむくんは、今回初参加ということと、とても恥ずかしがりで人みしりということで、同級生で仲良しのひまりちゃんと一緒の日に活動することになりました。

 

お手製のポスターとイーゼルを設置して、外のポストのところで活動開始。

駐車場から歩いてきた、親子連れの3人とはいタッチ。ゆきむくんは、サポーターの「はいタッチ」の声がけにテレながらもさっと、手を広げて構えてくれます。「チラシも渡そうね。」というと、ちゃんと渡してくれました。

若い三人連れの女の子達が笑顔で来てくれると、とても照れながらもはいタッチしていました。この日は、小学校がお休みでしたが、通りすがりの方々にも声かけし、はいタッチに参加して貰いました。

「ひまりちゃんママに電話する」と時々言いながら、「はいタッチ」と声かけするとさっと、手を構え、チラシもしっかり配りました。

 

15:15

局内に移動し、ひまりちゃんと交代。

中に移動しても、しっかりはいタッチ、チラシ配りをしました。

 

15:30

ゆきむくんの疲労を考え、30分早く終わることにしました。

局長さん他、局員さんに挨拶し、活動終了。

お母さんと、車で帰宅。

 

記事投稿:ひらり

 

ー*-*-*-*-*ー*-*-*-*-

 

サポーター感想

〈Sさん〉

「はいタッチ、おねがいしま~す。」と呼びかけると、ニコリッとやさしい笑顔を子供に向けて、手を合わせてくれました。子供達も一生懸命に顔をあげてティッシュを渡していました。初めてのサポートでしたが、お客さんとメンバーが心を通わせる素敵な時間を共有させて頂きました。ありがとうございました。

 

〈ひらり〉

今回、初参加のゆきむくんは、明るく元気ですが、とても照れ屋さんというか、人みしりなところがあると思いました。中学生でお年頃だから、当然ですね。

「ひまりちゃんママに電話する。」と何度か言っていましたが、お母さんから、聞いたところでは、ひまりちゃんの所に行くと言って郵便局まで来られたということでした。

多分、不安だったのだと思います。そんな中でも「はいタッチ」の声かけには、しっかりと答えて、チラシもちゃんと配るところが、ゆきむくんの凄いところだなと、感心しました。初めてとは、思えないくらいしっかりとお仕事してました。

それから、外で活動して感じたのは、通りすがりの方々も声かけにとても快く応じて下さって、なんとなくこの活動が、浸透してきている気がしました。

サポーター初参加のSさんは、初参加のゆきむくんを気遣いながら、応援するように声かけされ、ゆきむくんを励ましながらしっかりとサポートして下さいました。

皆さま、本当にありがとうございました。

 

〈ゆきむくんお母さん〉

初めてだったのに、ものすごく出来てびっくりでした。

多分、ひまりちゃんがいてくれたおかげかな?っとも思っています。

その日は、誉められた達成感もあったのか帰りはご機嫌でしたが、次の日はダウンでした。次回は、お子様(小学生)にはいタッチチャレンジ出来ればと思っています。