ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

なおやくんのハピわく《第2回》

2015年7月28日(火)晴れ 

はいタッチ”参加者は60 (^o^)

サポーター:みつよ ゆきこ

 

ハピわく活動内容:・はいタッチ ・郵便局でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

 

 

-*-*-*-*-*-*-

 

15:25

なおやくんお母さんの車で高坂郵便局へ到着。

車いすに座った状態で降車。

 

15:30 

高坂郵便局へご挨拶。 局内で「はいタッチ」スタート。 

時々リクライニングで体勢を変える。

 

17:00

お母さんお迎え。 郵便局員の皆さんに終了のご挨拶。

局長さんにプレゼントをいただきました。

車いすのまま乗車。

パネル・イーゼルを車に乗せる。

ハピわく活動終了。

 

(今回、赤ちゃん(2名)がお母さんと一緒に、はいタッチに参加してくれました。)
  

 

                           [記事:ゆきこ]

 

-*-*-*-*-*-*-

 

 

*サポーターレポート

〈みつよ〉

前々日、なおやくんは地元のお祭りでお神輿を担いだり、暑い中の活動が続いたので体調は大丈夫かな、と気にかけながらも元気に笑顔で「はいタッチ」を行いました。

途中、お客様からの声掛けに、顔を向け、身体を弾ませ笑顔で返事をしてくれました。

2回目とは思えないほどの活躍ぶりでした。

 

〈ゆきこ〉

なおや君、お母さんと、はいタッチの練習をしてきてくれたそうで、色々な表情をみせてくれながら、最後まで頑張ってくれました。
お客様と、はいタッチしてるとき、それぞれの相手の空気に合わせているよう(というのか、相手の空気を邪魔しないというのか、それぞれに合わせて空気を溶かしてるというのか?)に見えて、こういうのが壁がないという事なのかもしれないと思いました。
お客様やメンバーの邪魔をしないようにと思いつつ、そういうところもまだまだなので、改めていけるよう意識して(考えて)いきたいと思います。
皆様ありがとうございました。