ハピわくサークル

ハピわくってなに?:障がいがあってもなくても、お互いの✋と✋でふれ合い心を繋ぐ“はいタッチ”活動💓 心がつながればお互い自然と笑顔にな〜る( *´︶`*) ♪🍀サポーター大募集中🍀

ハピわくサークルでは、「子どもと大人が安心して支え合える地域社会」の育成を目指しています。 ひとりとみんな、それぞれが心豊かに生きられるような、いろんな工夫を一緒にしていきませんか?

あなんちゃんのハピわく《第2回》

2015年5月20日(水)晴れ 

はいタッチ”参加者は134 (^o^)

サポーター:ひらり ゆきこ (見学:キョン

 

ハピわく活動内容:・はいタッチ ・郵便局でのチラシ配り(職場体験)

活動場所:高坂郵便局

 

 

-*-*-*-*-*-*-

14:15  

Aちゃんお母さんの車で到着、車椅子へ移動(お母さん)

14:30  

皆で高坂郵便局へ挨拶。
外の人通り少なく、温度も暑かったため、郵便局内にて.はいタッチ&チラシ配りスタート。

15:00  

小学校の低学年の下校時間になったので、外に移動して、はいタッチ
 

・日差しが強く温度も高かったので、Aちゃんに日傘使用。

15:20  

人通りが少なくなったので、郵便局内に移動。
はいタッチ&チラシ配り。

16:00  

小学校高学年の下校時間になったので外に移動。はいタッチ。

16:15  

郵便局内に移動。はいタッチ&チラシ配り。

16:30  

お母さんお迎え

郵便局へ挨拶。
ハピわく終了。

16:45  

車へ移動。(ひらり)
車いすイーゼルを車に乗せる。
 
 
Aちゃん、タッチする人によって(子供、大人)、手の角度や高さを変えていました。

・水分補給は、人通りが無い時などにしました。  

・今回、ひらりさんが音の出るもの(小さい円柱型の透明な入れ物の中に、ボタンを入れた)を作ってきてくれました。そのせいか分かりませんが、前回より石を欲しがりませんでした。

 

  

                         〔記事:ゆきこ〕

-*-*-*-*-*-*-

 

 

*サポーターレポート

 

〈ゆきこ〉

 気温、日差しともに暑かったのですが、Aちゃん、暑さに負けず元気に"はいタッチ"していました。

前回から慣れてきたのか、子供たちが近づいてくると、スッと手を出し、準備して待っていました。やる気を感じました。

局内に入って"はいタッチ"してる時は、高く手を上げたり、握手で参加してくれるお客様には、握手の角度に、両手の時は両手をと、その人その人に合わせていると思った。凄いと思ったと同時に、じーんとしました。
そういう気持ちや姿勢を 私は見習いたいと思った。

本当に、私達は子供達に教えてもらって、育ててもらってると思った。

今回はAちゃんに話しかけた時、返事をしてくれて、帰り道は、手を振ってくれた。その事がとても嬉しかったし、楽しかったです。
 
 
Aちゃん、協力してくれた皆様、郵便局の皆さま、本当にありがとうございました。
ひろこさん、ひらりさん、きょんさん、ありがとうございました。

 

 

〈ひらり〉

今回、急遽キョンさんが見学を兼ねサポーター参加してくれたので、助かりました。

Aちゃんのハピわくのサポーターとしての、感想です。

私達は、如何にAちゃんの気持ちが、汲めてないかわかり、Aちゃん、「ごめんなさい。」です。

はいタッチは、積極的に自分から、手を差し出し構えて、待ちの姿勢で、頼もしいと思いました。

手の差し出しかたが、相手によって変えているのも、楽しんでいるように思えました。

郵便局内で、来客が少し途絶えた時、横に立ってる、サポーターを手ではたいたのですが、ゆきこさんが、「Aちゃん、外に行きたいのかも?」というので外に出てみました。小学生高学年の子達が帰ってきたので、はいタッチを元気にし、こちらも楽しかったです。

Aちゃんは、恥ずかしがりなんですが、活発なんだなと思いました。

人が来ないと、つまらなかったみたいです。そんなことをすぐ、汲み取れず、情けないなと思います。

Aちゃんとあと一回、楽しんでハピわく活動できるよう、頑張ろうと思います。

  

 

 *次回『ハピわく』は5月28日(木)です。